愚痴と悩みと音楽とあれそれ

クソ就活生のクソ日記

こぼれ話

人によって好みの「音」というのは様々だ。

 

音楽に限った場合、ハードロックが好きな人もいれば、美しい音色のクラシックが好きな人もいる。

 

僕は音楽はなんでも聴く方だが、音楽にはメジャーなものから何だそれと思うようなものまで、あらゆるジャンルが存在する。

 

それらを特徴づける要因として「歌い方」というのは大事なポイントの一つだ。

 

例えば、メタルやハードコアといったラウドミュージックには、頻繁にシャウトやグロウルといったいわゆるデスボイスが多用される。激しい曲に乗せて感情の昂りを表現するにぴったりである。聴いていて思わず「わー!」と叫びたくなるものだ。

 

例えば、テクノやエレクトロミュージックには、機械によって加工された人工の声や音が多用される。人工的にエフェクトをかけることによって生歌では再現できないようなデジタルな音や、ロボットが話すような声を出すことが可能になる。実際にライブなんかでラップトップPCやたくさんつまみの付いた機械をずらっと並べて演奏したり歌ったりしているのを観ると、自分も触ってみたいなんて思うものだ。なんせ近未来的で格好良い。

 

もちろん生歌にも生歌の良さがある。決められた音階に左右されないほんの僅かな微妙な差異を生み出すことができるのは生歌だけだと思う。

 

そういうものをたくさん聴いているうちに、表現方法にこれといった正解があるわけではないのかもしれないと思うようになった。その曲に合うのであればなんだっていいのではないのか。

 

「音痴」という言葉があまり好きではない。歌う本人が望んだ音程が出せないのはまた別にして、不安定で少しうわずっているだけで曲の世界観抜きに十把一絡げに「音痴」と呼ぶのは少し視野が狭いというか、そういうものとして楽しめる余裕が無いように感じる。

 

 

なぜこんな話になるのか。BELLRING少女ハートのベスト盤が出たからだ。

最近買ったアイドルのCDでお気に入りの一枚。

 


f:id:hiratch2038:20160831050951j:image

 

東京最凶を謳う、現在5人組のインディーズアイドルグループ。黒いセーラー服に黒い羽根を腕に纏っている。

 


f:id:hiratch2038:20160831052737j:image

 

サイケデリックで暗い曲が多く、コンテンポラリーダンスのようなものを躍りながら鬼気迫る表情で歌うのも特徴的だが、なにより独特なのは、その歌声。

 

良く言えば曲の世界観によく合っている。

悪く言えば音痴。

ただ、その絶妙な音の外れ具合こそが、何よりもの魅力であるとも言える。

 

例えばもし、彼女たちがめちゃくちゃ歌が上手くて、ビブラートかけながら高らかに歌いあげたとしよう。

おそらく台無しになるだろう。

 

サイケな曲調に微妙にうわずるアンニュイな歌声だからこそ、あの儚くて陰りのある世界観が表現できるのだ。

 

曲の他にそれを構築する要素に、彼女たちの見た目も大きく関わっているように思う。

腕についた黒いカラスのような羽根。踊る度に幾つか抜け落ちる。

セーラー服に白い上履き。年齢が非公表なのもあってか、見ようによっては幼くも見えるし、コスプレっぽくも見える。

全体的にブラックで闇のあるような、それでいて子供のように何にも左右されないイノセンスな印象に感じられる。言われてみれば、曲のイメージにぴったりだ。 

 

様々な要素が絶妙なバランスでうまく混ざりあってのベルハーである。何一つ欠けてはいけない。それが「音痴」にも聴こえる歌であっても。

不完全なようで、それが完全なのだ。

 

 

他にもパフォーマンスの熱量やオタクの狂気じみた盛り上がり等々、色々言いたいことが山ほどあるが、そろそろ長いし何言ってんのかわからなくなってきつつあるので、この辺でやめておく。

 

興味があれば是非。ライブ超楽しいよ。

 

2016.9.4

通り雨が降り、湿った土の匂いがたちこめ、日が落ちると鈴虫が鳴き始める季節。高校生の男女が手を繋ぎ、駅へと歩いていく。ちくしょう。かたや仲睦まじいピュアな制服カップル、かたやニート手前の不細工で陰気な童貞が一人。この差は一体何なんだ。人生とは険しく、難しい。

 

12時。起床。これが朝飯なのか昼飯なのかどっちなのかわからないごはんを食べる。

 

13時。まだエントリーが生きている会社を発見。だらだらとESを作り始める。郵送じゃなくてPCで直接入力&送信スタイルは楽でいい。ストレスの具合が全然ちがう。

 

15時。Wordである程度草案を作っていく。途中で誤って全部消してしまう。PCスタイルもなかなかストレスフルである。一からまた打ち直す。あーやだ。

 

17時。下書きが完成する。消えないよう慎重に保存し、エントリー画面の項目にコピペしていく。送信。

 

18時。東京へ帰る父を最寄り駅まで送って帰る。ついでに頼まれてた買い物もしていく。

途中、上京して働いている知り合いからLINEスタンプを貰う。誕生日近いからかと喜んでいたが、なんとなく気分で送ってくれたらしい。どちらにせよ、ありがとう。

 

19時。チケット入金のためにセブンイレブンに向かう。レジに並んでスマホ画面を確認する。ファミリーマートと書いてあった。途端に列が進み自分の番がくる。どさくさ紛れにレジ横に置いてあったコーヒーを買って誤魔化す。

気を取り直し、コーヒーを飲みながらファミマに向かう。無事入金を済ませ、帰る。帰り道、中学の時に好きだった子によく似た人とすれ違い、ドキっとする。相変わらず綺麗で可愛かった。本人かどうかはわからないが、懐かしい気持ちになった。無駄に遠回りしたが、昔好きだった人に会えたからいいや

 

20時。帰宅。晩ごはん。そうめん。

 

21時。風呂。そういえば、ESは出したけどWebテストまだだ。明日やればいいか。

 

22時。twitterをだらだら眺めたり、本を読んだり。

 

24時。なんやかんやで就寝。明日起きたらWebテストやって、iTunesカード買って、BiSHのアルバム落とそう。

 

 

 

仲良く恋仲を深めるfxxkin'ハッピーな奴もいれば、とくにすることもなく暇で退屈で孤独な奴もいて、美味しいものを食べに行って休日を満喫する奴もいれば、突然仕事が回ってきて休みの日なのに夜遅くまで働く奴もいる。

何が正解で、何が間違いなのかわからないけど、とりあえず生きてりゃなんとかなるのかな。

そう考えたら、馬鹿も真面目も働き者も怠け者も生きてりゃ皆一緒なのかもしれない。

なんだかよくわからなくなってくるけども、僕の場合、とりあえず就活しなきゃいけないことは間違いない。

明日からがんばろう。

2016.9.3

台風がまた来ているらしい。まだそんなに天気はひどくないが、明日あたり雨でも降るかな…。夏フェス行ってる奴等ざまあみろ(羨ましい)。

 

 

10時。起床。朝飯もそこそこに、支度を済ませ出掛ける。

 

12時。京都に着く。一度家に寄り、少し休憩。昼飯を済ます。

 

13時半。家を出る。今日は京都メトロへ、おやすみホログラムのワンマンライブを観に行く。おやホロのライブは春に大阪のリリイベで観たぶりなので、非常に楽しみである。

 

14時。開場。人はまばらでわりと空いていた。メトロは京阪の駅の隣にある竪穴住居みたいなハコで、なんとなく洞穴っぽくて好き。なんとなく涼しいし。

さっそく物販でTシャツとチェキ券を購入。

 

15時。ライブが始まる。今日は2部制で、前半はアコースティック、後半はいつものスタイルのようだ。

アコースティックライブが始まる。おやホロときくと、だいたいオタクが暴れメンバーがオタクの上によじ登り歌うみたいなイメージだが、アコースティックになると非常にしっとりとして落ち着いたライブでギャップがすごい。なによりメンバーの8月ちゃんとカナミルの歌がきれい。ユニゾンのハモリが気持ち良い。オタクたちも騒がず比較的大人しく聴いていて平和なライブだった。おやホロの曲、良い。好き。

 

アコースティックライブが終わり、20分(長え)の休憩をはさみ、いつものライブが始まる。衣装チェンジもしていた。

待ってましたと言わんばかりにオタクたちが前方に駆け出し犇めき合う。熱気が急激に上がってメガネが曇る。“ニューロマンサー”で帽子が吹っ飛び、サンダルが脱げる。カナミルが口に含んだ水を吹き掛け、オタクたちの手を握り、頭上で歌っている。最高。

 

気付けばあっという間にライブが終わってしまった。もっと観たい。

しばらくして特典会がはじまる。チェキ券を買い足し、メンバーそれぞれと2Sチェキを撮る。カナミル可愛い。意外と優しい。8月ちゃんも可愛い。よく喋る。ニヤニヤしたままチェキを撮り終え、列から出る。満足。

 

18時。一緒にいた友人と色々感想を言い合いながらメトロを出て、晩飯を食べに木屋町に向かう。焼肉。最近の近況報告と、あのアイドルかわいいあのフェス行きたいみたいな話をしながら食べ放題をいただく。

 

20時。お腹一杯になり、店を出る。色々ふらふら寄り道しながら阪急河原町駅まで行き、友人と別れる。また近いうち会いましょう。お仕事頑張ってください。

 

21時。阪急電車に揺られ、神戸三宮まで帰る。たまたま父が近くに来てたのでピックアップしてもらい、一緒に帰宅。

 

22時。晩飯いらないことを言い忘れたため、晩ごはんが作り置きしてあった。丁度お腹もいい感じに空いてきたので、また食べる。デブまっしぐら。

 

24時。風呂入ったりなんやかんやして就寝。

 

 

 

あー楽しかった。おやホロ最高。また関西来てくれー!

2016.9.2

気付けばもう9月になっていた。もう一年の4分の3まで過ぎようとしているのだ。あと4か月経てば明けましておめでとうだ。少しショッキングな事実。

 

 

14時。遅すぎる起床。ここまで眠るとむしろ疲労感すら感じる。昼飯を食べる気力も湧かない。ぼーっとTwitterを眺める。

 

15時。布団から重い腰を上げ、断腸の思いでTwitterを閉じ、机に向かう。椅子に座り、机の上に手を置き、Twitterを開く。だめだこりゃ。

 

16時。Twitterが落ち着き、更新ペースが下がり、そろそろ飽きたのでようやく参考書を開きSPIの勉強を始める。

 

17時。勉強に飽き始める。机の上に飾ってあるシン・ゴジラのフィギュアで遊び出す。幾多もの御社のESの上を闊歩し踏みにじる姿は映画さながら。

 

18時。晩ごはん。お腹一杯になり眠くなる。

 

19時。風呂。湯船は43℃、シャワーは少し冷たいくらいがベスト。

 

20時。Mステ。ももクロが出ている。れにちゃん可愛い。あーりんも可愛い。

 

21時。リクナビで会社探し。

 

23時。いつのまにかYouTube見てた。だめだこりゃ。

 

24時。探偵ナイトスクープのちょっといい話にうるうるする。

 

1時。本を読む。僕が活字大嫌い人間なのは有名な話だが、実は最近、小説を読んでいる。意外と本読むのも悪くないもんだなと思いつつある。明日は早起きなのでそろそろ寝支度をする。

 

 

 

就活生とは思えない怠けっぷりだが、なんと明日は予定があるという。もちろん、説明会やセミナー、まして面接でもない。遊ぶ予定だ。こいつ、ほんとに働く気あるのか。ちょっとは真面目に就活したらどうだこのポンコツ野郎。

 

 

こぼれ話

人と何か話すとき、どうしてもこう、言葉が出なくてもどかしくなることが多い。後で頭の中をぐるぐると悔しさともどかしさが駆け巡ってしまう。

「ああ、なんであの時こう言えなかったんだ」「そうじゃなくて、俺の言いたいことはこうなんだ」

結果、言いたいことの10分の1くらいしか言えない。はたしてこれで相手はわかってくれただろうか。

いつもこんな感じだ。

 

ひどい時には、コンビニのレジでのやりとりすらつまずくこともある。

レシートいらないですって言えばいいのに、テンパって「あっす、あっす…。」と訳のわからん返事しながら貰って帰るときがある。

 

逆に、相手に自分の気持ちや意見を伝えようと必死になって、なんとか言葉にしようといっぱい詰め込んで、ぱんぱんになった言葉の袋を目一杯ぶつけてしまうときがある。(このブログなんか特にそうちゃうかなと思う。)

でも大概、半分も伝わらへん。それで「なんでわかってくれへんねん!」って腹が立つ。ほんまわがままや。

 

話が上手な人って、僕が思うに、相手に考えさせる隙を与えるのが上手な人のことちゃうかなと最近思った。「この人が伝えたいことって何やろう」「たぶんこう言いたいんやろな」って相手に反芻させる機会を作れるから、キャッチボールしてるうちに意見がまとまってくるのだと思う。論理的に話を順序立てて話せる人ってこういうイメージ。

 

でも、難しいよなあ。それが出来たら苦労しないもん。格好ええよなあ。

 

言葉が足らないからこそ、伝わるものがあるんだよな。音楽なんてまさにそう。

 

 

しばらく経ってから「あいつの言ってたことってこういうことか!」って気付くこともある。ふとしたことがきっかけだったり、大人になってからわかったり。

 

人の気持ちをわかってやれる大人にいつかなれるのだろうか。アンテナはちゃんと立てられているだろうか。

 


10-FEET ― アンテナラスト ~京都大作戦2016 LIVE VERSION~ - YouTube 

 

こぼれ話

昔から努力のできない人だった。

根性もなくやる気もなく、ただその日が終わるのをだらっと待ってるタイプ。頑張れない。何をするにも面倒でうっとうしい。

 

別に気に病んでるわけではない。根暗だけど、自殺願望だったり24時間死にたくて鬱になってることは全く無い。元気。ごはんも食べる。よく寝る。昼間には散歩もする。

 

ただ、なんていうか将来の夢みたいな、目標というか、やりたいことが全く無い。今後の人生何十年を費やして見つけたいとか、そういうのない。

 

だからかな、昔から人に言われて嫌々やってきた節があるから、節目節目で必ず失敗している気がする。成功体験があまりない。

 

小学生時代。親に山ほど習い事をやらされ友達とあまり遊べなかった。自分でも好きでやってる訳じゃないし、家で64とかゲームキューブとかしたかったけど、中々辞めさせて貰えなかった。そうすると、学校で友達が段々減って、そのうち誰も口をきいてくれなくなった。習い事も嫌々やっていたので、半ばクビみたいな感じで徐々に辞めていった。すると、やることが無くなる。教室で苔まみれでドロドロの水槽に浮いてる死んだ金魚を毎日眺めたり、教室に置いてある「ウォーリーをさがせ」に丸つけたりして過ごしてた。

 

中学時代。運悪く地元のヤンキーの掃き溜めみたいな学校に入ってしまい、ずっといじめられてた。僕だけではなく、僕みたいな陰キャはみんないじめられてたので、あんまり孤独感はなかった。でも、陰キャ同士でもいじめはあった。ヤンキーが教室を牛耳る中で、自分の身を守るためにいじめることがよくあった。昨日まで仲良く一緒に弁当食ってたのに、次の日そいつが俺の鞄をゴミ箱に投げてるみたいな。人があまり信用できなくなる。なかには良い奴もいた。よく遊ぶ友達と思える奴もいた。今はそいつらが何しているかは知らない。一番仲良かった奴はバイクで事故って死んだらしい。あまり思い出したくない時代。

 

高校時代。塾には通っていたが、やる気がないため高校受験に失敗して滑り止めの家から近い至って普通の高校に入学する。中学の頃のようなヤンキーはいなく、とても平和に過ごしていた。ただ、中学の頃のトラウマがあり、人との付き合い方がわからなくなる。友達ってどうやって作るんだっけ。

結果、当時入っていた吹奏楽部の男子4人とだけ3年間仲良く過ごすようになる。どういうわけか彼女ができたこともあったが、むこうも間違いに気付いたのかすぐ振られた。部活の男子とは今でもときどき連絡をとったり、ご飯食べに行ったりしてる。とても感謝している。僕が地元を離れているのもあり働いてる奴もいたりで最近連絡とる回数がぐんと減ってしまい、少し寂しい。これからも長い付き合いでいたい。

 

大学時代。予備校に通っていたが、あいかわらず適当に過ごしていたので受験に落ちる。仕方なく一年浪人する。どうせもう一年やるなら早稲田とかに行きたいと、ここで初めて努力らしい努力をした気がする。早稲田には行けず、京都の私立大学に入る。

高校の延長でなんとなく吹奏楽部に入る。応援団所属の吹奏楽部で何か無駄に厳しくてつまんなくて辞めた。キャンパスも離れてたし。他にサークルを探すも、チャラいうぇいうぇいした奴がどこに行ってもうようよしててつらくなる。茶髪こわい。ノリというか雰囲気が強すぎて、食べられちゃうじゃないかとビクビクする。ここにきて大学生向いてないんじゃないかと思い始める。とはいえ、大学というのは自由で案外気楽なもので、特にしがらみもないから、人生のモラトリアムだと思ってその日その日やりたいことやってそれなりに楽しく過ごした。似たような考えの友人みたいな人もできたが、お互いそれぞれ勝手気ままな行動してるので、意外と会わない。講義出るときくらい。

そんなわけで、他の大学生に比べて圧倒的にコミュニケーションを取る機会が少なく、晴れてコミュ障になる。気付くと人と目を見て話すことが出来なくなっていた。女の子なんてもう何年も口きいてない気がする。女の子と話す機会があったところで、どんな話していいのかすらわからない。童貞まっしぐら。妖精どころか大魔人になりそう。

バイトは、人と話すのが嫌で登録制の派遣バイトを何度かやった。ほとんど土方みたいなバイトで、ヤンキーみたいな奴に鉄パイプで小突かれたりして、嫌になってそれから一度も顔を出していない。

2回生でゼミ登録があった。出席するだけで単位くれる楽勝ゼミがあるらしく、それを希望するも外れる。結局、第3希望ぐらいにいれた鉛筆転がして決めたようなところに入った。すると残念なことに少人数の真面目系ゼミで、意識高そうな奴等がうじゃうじゃしてた。話聞いてるだけで同じ人間と思えず、馴染めるわけもなくすぐに辞めた。

そうこうしていると、気付けば3回生の夏が終わりかけていた。そろそろ就職のことを考えないとまずくなり、たいしてやりたい仕事も興味のある業界も無かったので、消去法で公務員を目指すことにした。それからはそれなりにこつこつと学内の公務員講座を受けて勉強しているつもりでいた。「公務員志望だから」と自分に都合の良い言い訳を作り、3月になっても民間の就活はほとんどやらず、試験勉強だけやっていた。

 

それでいいはずが無かったと今になって後悔している。蓋を開けてみれば、結果はすべて惨敗。自分なりに勉強したつもりでいたが、それじゃ全然足らなかったらしい。そりゃそうか。

慌てて民間企業の就活も始める。もう8月も終わりかけている。募集もどんどん減る一方。説明会すらもうどこもやったない。それでも何とか企業を探してエントリーする。ESを書きはじめて、初めて気が付く。俺大学入って何もやってないじゃん。書けることが何もない。今になって激しく後悔する。ああ、あの時なんかやっていればなあ。暇してゴロゴロしてたあの時期、どうせなら何か始めてればよかった。そんなことばかり頭の中を駆け巡ってしまう。

そんなこと考えたところで、どうせ自分は自分、何度後悔してあの頃に戻れたところで何も出来やしないのだ。それは自分が一番よくわかっている。

明日の自分は今日の自分とはちがう。その日やりたいことをその日にすればいいと、本気で思って毎日過ごしてた。いつか頑張れる日がくる。いつかなんとかなる。そうやってSSRが出るまでガチャを回すみたいに寝て起きてを繰り返していた。

 

努力ができる人間を尊敬する。一歩踏み出せる勇気と気力がほしい。まるで息を吸って吐くかのように色んなことに取り組む、まわりの就活生たちが宇宙人かなにかに見えてくる。

 

なりたい自分が見つからない。僕のやりたいことって何なんだろう。

2016.8.31

もう8月も終わり。ここ最近は蝉も鳴かなくなったし、夜になると涼しい。真夏のピークが去った。天気予報士がテレビで言ってた。

 

 

0時。ESを書く。昼までには出さないと明日の正午〆切に間に合わない。無い知恵絞ってなんとかする。

 

1時。ESを書く。なんでここの会社5枚も書かすの?試してるの?そもそも〆切前日にやるものじゃない。

 

2時。ESを書く。5枚中2枚が真っ白なんだけどフリースタイルに任せすぎだろ。もう少し具体的に聞いてほしい。「何か伝えたいことがあればお書きください」じゃねえよ。ファミレスのメニューの横に置いてるアンケートかよ。

 

3時。疲れる。少し休む。とりあえず下書きが書き終わる。眠くなってきた。

 

4時。ESを書く。目の焦点が合わなくなり始める。昔から徹夜は出来ないタイプなので、もう全部放り出して寝たい衝動に駆られる。

 

5時。ESを書く。ボールペンのインクがでなくてイライラする。左利きはボールペンで字を書くとき押して書くので、引いて書くようにできてるボールペンはとてもストレスフルなのだ。(ピンとこない右利き諸君は、ボールペンで右から左に線を引こう。どうだ、書きにくいだろう。)

 

6時。ESを書く。手が痛くなる。親指の関節が悲鳴をあげる。もう少しで終わるけど、なんかもう嫌になってきた。どうせまた一次ではねられるんだ。この努力は誰も評価してくれやしないんだ。

 

7時。ESが書き上がる。達成感がすごい。とりあえず休憩。朝ごはん。俺おつかれ。

 

8時。添え状を書いて印刷。拝啓 時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

9時。封筒に宛書きし、ESをぶちこみ、郵便局へダッシュ。HEY!そこの姉ちゃん!こいつを東京まで速達してくれないか!大事なあの子(御社)が待ってるんでね!

 

10時。帰宅即寝。ここから先は記憶がない。

 

(省略)

 

20時。起床。全く疲れがとれないけどよく寝た。カレーうまい。

 

 

 

何事も計画性が大事。ギリギリになってやりだすと辛い目に遭うということを小学生の頃のまさに今日身をもって経験したのに、10年経っても全然学習できてなかった。