愚痴と悩みと音楽とあれそれ

クソ就活生のクソ日記

2017.2.26

昨日は朝から新幹線に乗って横浜まで向かっていた。横浜に来るのはいつぶりだろうか。たぶんももクロエビ中かの横アリぶりだと思う。

駅のフラワーショップで花を買う。お店の人曰く、今日は特別たくさんお客さんが来てて、いくつか在庫を切らしてる花もあるそう。白い花を数本包んで貰った。

新横浜から地下鉄で横浜駅まで行く。横浜に用事があるのは大体横アリか日産スタジアムくらいなんで、新横浜から外に出たのはおそらく初めて。横浜ってこれといって見るものないんだな。中華街なんて神戸にもあるし。

駅から地上に出て海沿いに向かって歩く。もうすでにたくさんの人が同じ方向に向かっていた。

いつもみたいに派手なパーカーやなんやらを着てる人は少なく、ほとんどはスーツや制服、大人しい色合いの私服とかだった。当の僕は、いつものように派手なパーカーに目一杯の大人しさを出すべく紺のジャケットを羽織っていた。とはいえそこそこ目立つ格好でやや恥ずかしくなった。

 

会場に着くと、もうすでに長蛇の列ができていた。開場時間より少し遅らして来たつもりだったが、全然意味がないほどの人の数に驚いた。正直そこまで混まないんじゃないかなって思ってたのに。

昼間の一番日の高い時間に並んでいたが、海風が強くて身体が冷えた。もっと着込んできたらよかったとプチ後悔をする。

列に並ぶ人たちの様子はさながら普段のコンサートと変わらないように思えた。グループで集まってワイワイ楽しそうに話す人、黙ってスマホを見つめてる人、彼女や友人同士でひそひそ何か語ってる人。皆それぞれそれなりに騒がしくしていて内心ホッとした。

会場内のロビーにまで進むと、エビ中の曲がかかっていた。曲が次々かかる度に小さく口ずさむ人もいれば、当時のライブの思い出を話し合う人もいた。流れてくる曲はどれも明るくて元気な曲ばかりだった。

 

並び始めてから二時間半ほど経って、ようやく奥のホールへと誘導された。ホール手前の階段あたりまで来ると、今まで聞こえていた話し声がピタリと止んで、誰もが皆何かを覚悟するかのような雰囲気が漂う。各々が用意してきた花を手に持って、黙って順番を待っていた。

 

ホール内に案内されると、皆息を飲んでじっとステージを見つめていた。ステージには真っ白な献花台が準備され、その上には溢れんばかりの青い花に囲まれた松野莉奈の写真が飾られていた。“夏だぜジョニー”の時のアー写で、黄色い向日葵の衣装を着た松野さんがニコニコこっちを見ていた。

 

不思議な光景だった。ここまで来てもまだ実感が湧かないというか、拭いきれない違和感があった。2月8日のニュースを見た時もそうだった。ついこの間までピンピンしてたのに。まだ18なのに。可愛くて美人で、誰からも愛される子なのに。そんな人が死ぬ訳がない。なんでそんな目に遭わなきゃいけないのか。言ってる意味がさっぱりわからなかった。ただ、あの子の名前と一緒に付いて回る「訃報」や「急死」といった文字に違和感しか覚えず、不快だった。

 

列の先頭は次第に短くなり、やがて自分の番が回ってきた。花を手向けて手を合わした。正直何を思ったらいいのかわからなかった。色々悩んだが、「あなたのおかげでたくさん友人が出来て、楽しい思い出が作れました。今までありがとうございました。」と伝えた。

スピーカーからはラブリースマイリーベイビーが流れていた。ふと3年前のファミえんやフリーライブのことを思い出して、懐かしくて涙が滲んだ。

 

その日の晩、知り合いのオタクたちと合流して、オタクの家でお酒片手にライブ鑑賞会だったり、各々の思い出話をした。

 そこからはいつもと変わらない「○○の時の誰々のこのポーズが可愛い」とか言いながら巻き戻したりスロー再生したりする変態的なやりとりとか次のツアー行く行かないみたいな話を延々としてた。楽しいね。

 

そのまま一泊して、今朝解散して帰りの新幹線でエビ中を聴きながら今これを書いている。

未だなんか昨日の出来事についてうまく飲み込めていない気がする。たぶんしばらくずっと、もしかしたら一生エビ中見る度にずっとこんな気分なのかもしれない。「そのうちまたひょっこり顔を出して何事も無かったかのようにライブで踊ってたりするんじゃないか」ってまだ思ってるし、7人のエビ中を今後見に行くことがあるとしても「今日、松野さん休みか〜」って言ってると思う。

ただただ、言い様のない寂しさだけが心の中でずっと反響し続けている。

 

 

 

2017.2.7

前回の日記から気付けば随分と経ってしまった。なんせ年を越してしまったのだから。

もう2月ですが、あけましておめでとうございます。

これを読んでる人がいるのだろうか。もしいたのならば、今年もご愛読よろしくお願いします。

 

さて、この約2ヶ月ほどの間の出来事の何を書こうか、色々あってどうしようか書きながら悩んでいる最中。

 

趣味の面としては、年末のCDJ、年明けにはガンズアンドローゼス、BiSインストア、POLYSICS、溺れたエビ、そして昨日は10-FEETを観に行ったわけだけども、まあ全部を1つづつ書いてらんないので、「全部素晴らしかった」ということで。

 

なんで、生活面についてざっと書くことにする。

まず、就活について。地味ーに準備をだらだらとやっているところ。就職留年を決めてから、初めて先月合同説明会に出向いた。インターンはやってないので、スーツ着てどこかに赴くという就活らしいアクションがとれず内心ちょっと不安だったから、早めに開催してる説明会に参加できたのは心のそわそわを鎮めるという意味では良かったと思う。成果があったかはさておき。

その他には、SPIの勉強をちびちびやりながら自己分析ノートを作っている。ESとか面接で聞かれる質問で答える用のネタ帳。まだまだ白いところの方が多いけど。

SPI対策やってて思ったのは、算数が絶望的にできない。私立文系の大学に逃げたツケがこんなところで回ってくるとは。割と焦ってる。ヤバいなあとかブツブツ言いながらとりあえず問題集解いてる。大丈夫なのかなあ。

あと、今年から日経新聞読むようにした。受けそうな企業のとか話題になりそうな記事をスクラップしてる。これが何かしらの役に立てばいいんだけど。意味あるのかなコレ。

 

就活はそれくらい。あと最近あったことは、スマホを変えた。4年ほど愛用したAndroidから、iPhone7に。特に理由もなくダラダラと同じやつを使い続けたせいか、なんとなく愛着があって寂しくなった。まあ、電話以外はWi-Fiあるから使えるんだけど。

まだiPhone歴1ヶ月も経ってないから仕方ないけど、慣れないね。使いづらい。

まだ全ての機能を理解どころか認知すらし切れていない気がする。先代がやや古かったせいか、未知の新機能に驚かされるばかりですよ。これが噂のSiriかって感心しちゃったよ。「本日よりお世話になります。よろしくお願いします。」って挨拶しちゃったよ。

Wi-Fiルーターもとうとう寿命で動かなくなったから解約して新しいのに契約し直した。アナログ人間なんで、〜bpsとかいまいちピンとこないからあれなんだけど電機屋曰く前のやつの30倍速いらしい。実感はさほど感じないが、なんとなく速いような気もする。まあそれはそれで良いことだ。値段も前のとさほど変わらないし。

 

そのくらいかな。まあなんせ1ヶ月以上大学に行ってないしな。今テスト期間だし。テスト受けて何かの間違いで単位貰って卒業しちゃったら就活困るし。でもそろそろキャリアセンターぐらい行こうか。面接練習とかまだ何もしてないし。

それよりもまず、生活習慣を何とかせねば。昼夜逆転しちゃってる。あと最近太ったし。炭水化物の摂り過ぎのくせに運動しないから。

さて、どうしたものか。

 

2016.12.24

昨日はASIAN KUNG-FU GENERATIONの20thアニバーサリーLiveを観に行った。ツアー神戸2日目ワールド記念ホール

ライブ3日前にスタンド見切れ席追加販売のアナウンスを見付けて滑り込みでチケットとったやつ。エアジャム行けなかったけど報われた。

いやもう何が良かったって、アジカンのワンマンで3時間、30曲も聴けたんだぜ。サービス良すぎ。

しかもセトリが古参寄り。1曲目から遥か彼方で始まって、粉雪とかEとかやっちゃうの。崩壊アンプリファー君繋ファイブエム好きには鼻血もん。そんでソルファ2016盤完全再現。振動覚からリライトでもう歓喜。マイワールドとか夜の向こうとかラストシーンとかもちゃんとアルバム順にやるの。最後に海岸通りでストリングスの人たち呼んで演奏するの。こんなん絶対最高やん。

そのあと休憩かと思ったら、ホールの後ろからゴッチ出てきて弾き語りやっちゃう。2曲も。そしたら今度は元のステージでゴッチ抜きで建さんボーカルの曲やっちゃう。なにこれ、至れり尽くせりやんけ。

アンコールの後からは写真撮影OKタイムでさらに2、3曲やんの。最後の最後は新世紀のラブソング。もう完璧だよね。泣いちゃうね。

 

初めてアジカンに出会った小6の頃、初めて買った(買って貰った)CDはソルファだった。

それから12年経って、生まれ育った我が地元神戸でアジカンを、しかもソルファを全曲聴けたんだぜ。もう感動なんてもんじゃないよ。それもこれも全てはアジカンが20年続いてきたからこそ。本当におめでとうございます。これからもライブ観に行きます。誰一人メンバーが欠けることなくこれからもずっと続いて欲しい。

良いクリスマスプレゼントだった。メリクリメリクリ。

2016.12.21

テレビのリモコンで音量上げようとして、縦長のプラスマイナスのボタン押したつもりが、隣に同じ形で並んでるチャンネル選局するボタン押し間違えていきなりチャンネル変わってビックリするやつ嫌い。

隣に同じ形で並ばないでほしい。存在意義がわからない。わざわざあのボタンでチャンネル変えてる奴見たことない。

 

2016.12.17

バイトもサークルも入らずに大学通って何してるの?って聞かれても~

彼女いないの?友達いないの?って聞かれても~

友達いないし童貞だから、返事に困る~

 

先に内定決まったあいつとは、音信不通~

趣味で知り合った女に、フォロー外される~

 

でも案外心は穏やか~

割と人生ハッピー~

 

これといった特技や、誇れるものなんてないけれど~

可愛い彼女持ったあの男より、知恵の輪早く解ける自信ある~

スポーツ出来て賢いあの子より、うまいラーメン屋たくさん知ってる~

 

就職したあいつの仕事の愚痴や、最近出来た彼女とののろけ話を~

酔った振りしてヘラヘラしながら聞く俺~

 

その話俺にしてどうしろって言うの~

なんで俺が話しだすとトイレ行ったりスマホ触りだしたりするの~

 

毎晩夜中に一人で、寝ながらTwitter開いて、アイドルの自撮り画像保存していいね押してる~

もう来年は24~ アイドルオタクの24~

実家に帰る度に居心地が悪い~

 

来年も就活失敗したら、どうしようかな

これから人生、どうなるのかな

 

 

なかなか良い歌詞が出来た。トリプルファイヤーあたりに歌ってくれないかな。

とりあえずワンコインシングルとして、ヤバTの棚の隣とかに置いて欲しい。

 

 

 

 

2016.10.13

こんにちは、朝晩が急に寒くなって服装に困っているオタクです。ここでいう「服装に困っている」には、「気温に合った服装にはどれを組み合わせれば良いか」と「いよいよTシャツ一枚で過ごすには辛い季節、オタク感の出ない季節に合った一般的な服装を装うにはどうすればよいか」の2つの意味が込められています。ダブルミーニング

そんなことを朝からフルチンで部屋の中を歩き回って悩んでいたせいか、クシャミと鼻水が止まりません。風邪でしょうか、花粉症でしょうか。季節の変わり目はほんとやだ。

 

最近は目当てのバンドのCDのリリースもライブの予定も無いので、友達のいない根暗な僕は家で引き籠り、新たに芽生えた趣味の一つである読書に耽っている。秋の夜長になんとも風流なこと! 高尚でインテリジェンスな趣味を嗜む男性、素敵! 抱いて!

そんな風に言い寄ってくる女いないかなあとクソみたいなこと考えたり考えなかったりしながら、本のページを捲りに捲っている毎日。

 

ここ2~3週間でもう10冊近く読んでしまった。それも小さな薄い文庫本ではなく、それなりの厚さの文芸書を。一月前まで年間読書冊数ゼロだったのに。勢いがすごい。極端過ぎて怖い。数年前まではそんなことあり得なかった。活字大っ嫌いだもん。

学生時代、読書感想文の宿題は夏休み最後の日に慌ててやるどころか、夏休みが終わって学校に登校し、先生にさあ出しなさいと言われても頑なに書こうとせず、先生との感想文提出を巡る押し問答を繰り返しながら、結局最後まで書くことなくうやむやにして済ますほどだ。

それが今では、寝る前に本読んで無駄に長いブログ書いてるんだもん。人生何が起こるかわからんね。

 

まあ何を読んでるかというと、最近話題になってるような書籍を中心に読んでいる。今年芥川賞とった『コンビニ人間』とか、アニメで放送が始まった『舟を編む』とか、これまたアニメ化が決まった『有頂天家族 第2編』とか、今度映画化する『何者』の原作である『何様』とか。ミーハー感が拭えないけども、一応流行りものの教養というか、話題の種くらいになればいいなと思って。

こういう本も読んでみると案外面白いね。漫画とさほど変わらない。絵があるか無いかぐらい。そういえば昔、受験勉強で国語の小説の問題を解くのけっこう好きだったような気がする。国語の問題だから一部分しか載ってなくて、話の内容が気になって解くのどうでもよくなってた。昔の文学作品とかだとちょっと凹んでたけど、わりと現代寄りのやつだとノリノリで読んでた。

 

本読むようになったのはいいけども、ただでさえ物が多い部屋にさらに物が増えて、部屋がより一層カオスな状態になってしまっているのは困った。家、本棚全部CDで埋まってるから本置けない。もとも子もない。着る服は無くて困っているのに、そうでないものは山ほどあって困るなんて、なんとも阿呆な話。 

2016.10.11

もう10月ですね。秋の気配がなんとなく濃くなってきた気がします。みなさんいかがお過ごしですか。僕は秋花粉で鼻がズルズルです。魚みたいに口をぱくぱくしてないと呼吸できません。ひじょうに不愉快です。

 

内定式の時期が過ぎて、大学では最後の学生生活を満喫しようとしてる大学生でごった返してる中、僕はヒゲ面でぼけーっとどうせ落とす講義にダラダラ顔出したりしてます。

 

またしばらくブログの更新を怠っている間、色々ありました。映画を観に行ったり、好きなバンドのライブに行ったり、本を買っては読みふけったり、憧れのバンドの新譜を買いに走ったり、免許の更新日が過ぎてたり、好きなアイドルが活動休止を発表したり、好きなバンドマンが亡くなったり。

 

一つ一つ詳しく書きたいことは山ほどあるんだけども、ここまで貯めてしまうとダメだな。日記は一度手が止まると続かない。短くてもこまめに書くようにしよう。

 

Hi-STANDARDの新曲で元気づけられたかと思えば、ベルハーのメンバー卒業&活動休止に凹み、BOOM BOOM SATELLITESの川島さんの逝去に涙したここ数日。

二度と会うことの出来ない別れであっても、それは裏返せば新しい歩みでもあり再出発でもあるわけで。僕が好きな人たちは今も前向いて頑張っているわけで。

なのに僕は未だに将来のビジョンが全く見えなくてどうしたらいいのかわかんないし、彼らの音楽に触れて何か見えてこないかと考えを巡らしたりするけど、ただただ漠然と不安になる。イヤホンの向こうで格好良い音楽鳴らして励ましてくれてるのに、どうしてもやる気が出ない。どうしたものか。

 

あれこれと悩みをこねくり回してると、悩みが口の中に口内炎として顔を出して、舌を動かす度に痛む。嗚呼、つらい。助けておくれー。おっぱい揉みてー。